最近読んだ本 記事 コラムトーナメント 結果発表

  •  

参加メンバー 16名により 17年01月30日から17年02月02日の間に開催された最近読んだ本 記事 コラムトーナメントの結果発表です。

最近読んだ本 記事 コラム

  •  
最近読んだ本 記事 コラム
トーナメント・テーマ
ハウツー本以外で、読んだ本、紹介したい本。新刊でなくとももちろんかまいません。絶版でもあの本は良かった、できれば読むべき、など。
本の分野、カテゴリー、ジャンルは問いません。
過去記事の場合は、いつごろの記事かわかればOKです!

寒い時こそ、読書を。
開催期間
17年01月30日 から 17年02月02日まで
参加カテゴリー
大学生日記, 旅行, ライフスタイル, 本, 小説, ポエム

最近読んだ本 記事 コラム対戦スケジュール

  •  
第1回戦第1回戦結果ページ 全8戦 17年01月30日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は24票となりました。
準々決勝戦準々決勝戦結果ページ 全4戦 17年01月31日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は5票となりました。
準決勝戦準決勝戦結果ページ 全2戦 17年02月01日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は6票となりました。
決勝戦決勝戦結果ページ 全1戦 17年02月02日 00:00 ~ 23:59 の間に投票が行われ、総得票数は1票となりました。

最近読んだ本 記事 コラムトーナメント ランキング結果

  •  
優勝 KENTさんのプロフィール
準優勝 司行方さんのプロフィール
  • デルモンテ平山の「ゴミビデオ」大全

  •  映画秘宝の新シリーズ、映画秘宝セレクションの一冊。  古強者の皆さんはタイトルから、映画秘宝の創刊号『エド・ウッドとサイテー映画の世界』で、何故か黄色い紙のページに書かれていたアレかなと思われた古強者もいらっしゃるかもしれませんが、そうアレです。  当..
  • アマ書評家の書棚とラジオ欄と試写室
3位 misachi68さんのプロフィール
  • 本『蔦屋』

  • 綺麗な表紙。谷津矢車作。江戸時代の本屋・蔦屋重三郎を描いた。TSUTAYAのネーミングの理由の一つのようです。江戸時代の本屋は小売だけでなく出版社みたいなもんなんですね。蔦重と慕われ、喜多川歌麿・恋川春町・東洲斎写楽・山東京伝などをプロデュース。吉原出身の商人は
  • よくばりアンテナ
3位 Bachakovさんのプロフィール
  • 【書評】横山秀夫『ルパンの消息』(光文社文庫)

  • 尋問により事件が語られる、横山スタイルの原点 横山氏のデビュー作。警察署内での尋問をベースに話を進めていく、横山小説の原点がここにある。 尋問を介した、警察官と容疑者の駆け引きと心の動きが本書の醍醐味。敵対するだけでは情報は引き出せない。容疑者にときには寄
  • 子育て競馬オヤジのブログ
5位 Harryさんのプロフィール
  • No.608【戦争の日本史04〜平将門の乱】
  •  評価:70点/作者:川尻秋生/ジャンル:歴史/出版:2008年 『戦争の日本史04〜平将門の乱』は、吉川弘文館出版による、『戦争の日本史』シリーズの第四弾。 著者の川尻秋生氏は、早稲田大学大学院文学研究科を終了後、千葉県教育庁の文化課博物館準備室勤務を経て、千葉
  • 『正義』と『平和』
5位 joshさんのプロフィール
  • 植物は動けないのではなくして動かない…ということ
  • 以前、新聞書評だったかで見かけていた本ですが、ちくまプリマー新書の一冊、「植物はなぜ動かないのか」を図書館で借りて読んでみたのですね。 「なぜ動けないのか」ではなくして「なぜ動かないか」。極めてシンプルに動く必要がないということになりましょうかね。「動く」
  • 此処彼処見聞控〜ここかしこみききのひかえ
5位 とらとらさんのプロフィール
  • 【本感想】王とサーカス
  • 米澤穂信著。『さよなら妖精』未読なんだけど問題なく楽しめました。ミステリとしては特に引っかかる部分もなくサラッと。僧に頼みごとされた時点で「それはアカンやつや」と思っていたら、案の定だし。ただ、この作品で言いたいことの全ては、エピローグに詰まっているのだと
  • 平穏な日常
5位 馬場 精子さんのプロフィール
  • 吾輩は猫である。名前は…Leo!
  • こんにちは京都の朗読家 馬場精子です1月も、もう半月以上も過ぎ…のんびりし過ぎてしまったのか、公演準備や朗読教室のことなど、今月中にやらなければいけないことが山積してることに…ハッとして背中のねじをくるくると巻いておりますこちらは我が家の愛猫Leoですが夏目漱
  • 朗読家 馬場精子 〜ことばの世界〜
9位 高嶺さんのプロフィール
  • 研究の暴走 続「科学技術の未来を決めるのは誰か」
  • 日本の科学/技術はどこへいくのか (フォーラム共通知をひらく) [単行本]中島 秀人岩波書店2006-01-20過日記事にした「科学技術の未来を決めるのは誰か」の後半部分には、研究の暴走についての項がある。「ピア・レビューシステムの重要な特徴は、科学者社会以外の一般の人がこ
  • 1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ
9位 asukaさんのプロフィール
  • ライフスタイル本2冊読み終えた エコな生活となんにもない部屋の暮らし方
  • 気になっていたライフスタイル本2冊、借りて読みきりましたマキさんの「エコな生活」、ゆるりまいさんの「なんにもない部屋の暮らし方」です。図書館で10人待ちくらいで、半年予約で待っててついに自分のところに回ってきた!なんにもない部屋の暮らし方なんにもない部屋の暮
  • FREEQ LIFE 平屋で過ごすシンプルライフ
9位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---
9位 まるいのさんのプロフィール
  • BBC 「How to be wiser」 を読んでみた
  • BBCのサイトで 「How to be wiser」 というタイトルの記事を読んでみた。How to be wiserIQが低くてもwise(賢い)になれるという。ここでいう、wise は、「危機に瀕しても冷静でいられる」、「一歩引いて、より大きな視点をもてる」、「思慮深く自省的」、「自分の能力の限界
  • まるいの日記
9位 酒そば本舗店長さんのプロフィール
  • 「天国までの百マイル」
  • 今、浅田次郎著「天国までの百マイル」を読み終わって、ようやく溢れ出る涙をぬぐい、少し
  • ・・・そば!ソバ!蕎麦!・・・酒そば本舗...
9位 naomiさんのプロフィール
  • ベスト本格ミステリ2012 (講談社ノベルス) を読んだ。
  • ベスト本格ミステリ2012 (講談社ノベルス)(和書)2017年01月21日 12:58講談社 2012年6月7日 どれも面白かったが、この中ではオンブタイが気に入った。トリックも面白いし、殺される人が性格が悪いところも良心が痛まなくて良かった。目の見えない人が主人公というのも珍しい。
  • ゆとり日記
9位 アリスさんのプロフィール
  • 自由の女神…素敵です?
  • 京都、伏見桃山、桃山御陵前 フラワーサロン fantastic alice です。いつも見てくださり、ありがとうございます。アメリカに留学中の息子が、クリスマスや新年のNew Yo
  • 気ままなアリス
9位 退会されました
  • ---
  • ---
  • ---

記事トーナメントとは?

ブログ記事トーナメントヘルプへ

テーマに沿ったブログ記事で参加するトーナメント大会です。気に入ったテーマのトーナメントに参加することもでき、もちろんみんなが参加できるテーマでトーナメントを作ることもできます。

トーナメント参加メンバー

  •  
joshさんmisachi68さんasukaさん
joshさんmisachi68さんasukaさん
馬場 精子さん高嶺さん酒そば本舗店長さん
馬場 精子さん高嶺さん酒そば本舗店長さん
Bachakovさんまるいのさんアリスさん
Bachakovさんまるいのさんアリスさん
司行方さんKENTさん
司行方さんKENTさん