大学1年生 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/05/30 21:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
なむなむさん
  • 情報提供人類補完計画 ***の...日記なむなむさんのプロフィール
  • げつようびのあさって、聞いただけで死にたくなるね。心臓がざわざわ言って落ち着かない。感情が可視化できたらいい。私は喋る力が劣っているから、そう強く思う。今もぐるぐる渦巻いている感情の海を、誰かと一緒に泳げたらな。辛い気持ちが伝染して、一緒に死にたくなって、二人一緒に死んでしまうんだ。もしそんな世界になったら、皆狂ってしまうね。他人との距離が図れなくなって、自分が自分でなくなる。二人が一人に、最後に

2位
デルタさん
  • 情報提供平均的に低空飛行 デルタの大学受験ブログδデルタさんのプロフィール
  • 土曜はバイト終わったら、姉上と母上がいてお出かけしました。 一緒に帰る? と言われましたが、月曜から学校だし、疲れるから断りました。 帰りたかったなぁ、実家。 その日は勉強せず寝て 日曜は、寝て起きて寝て寝てネットして寝て起きて食べてネットして寝て。って感じで、勉強しませんでした。 あ、久しぶりにピザーラ頼みました。Mサイズってあんなに小さかったっけ? なんか最近 デリバリーとか

3位
デルタさん
  • 情報提供おーわった! デルタの大学受験ブログδデルタさんのプロフィール
  • ほんとムカつくー こっちは、さっさと終わらせて早くからバス待ちの列に並んでるのに、なんで後からのんびり来た奴らが私より前に並んでるんだよ。腹立つわ。 割り込むな(`Δ´) ちゃんと並べ。 はーい、授業終わりましたー今日は頭が痛かった〜2回薬飲んじゃいました。 あ、そう言えば口内炎が久しぶりにできました。体調悪いのかなぁ。痛い。痛い。もう2回も噛んじゃった(;_;)痛い。 今日の5限
4位 こおりさん
  • 情報提供サークルのガイダンスへ ぼっちの大学生活記こおりさんのプロフィール
  • 高校の時から大学でのサークルは何に入ろうか決めていた。 小さい頃から大好きなスポーツだったスキーのサークル。() ?というのも、小さい頃はよく父親と2人で日帰りスキーに連れて行ってもらったが、大きくなるに連れて年に1回家族旅行で行くしか滑る機会がなくなったので、スキーやりたい欲求が溜まりまくっていた。 真っ白なゲレンデを風をきって滑り降りる爽快感は最高。 ?もう一つの選択肢として自転車のサークルに入
5位 MDさん
  • 情報提供元不登校ぼっち大学生・・・中学生時代① 元不登校ぼっち大学生MDさんのプロフィール
  • オオカミ族の少年 (クロニクル 千古の闇 1) Amazon新しい制服に身を包み、中学に入学。 仲の良い友達と同じ部活に入り、 初めてのテストでも中の上と元不登校にしては 頑張った結果だった。 しかし、中学に入学して1か月半ぐらいの金曜日に初めて私は休んだ。 理由は、休みの日がなく、 平日は授業後に部活、 休日は毎日部活、 そんな中私は休みがほしくて一日ぐらいならいい
6位 saka-moさん
  • 情報提供【アニオタ向け】英語漬けの勉強で日本が恋しくなった時の対策法3つ オタク学生日記saka-moさんのプロフィール
  • 英語脳になるには英語をとにかく聞くことが第一です。毎日海外ドラマを最低2時間は観る必要があり、そのほかの時間でもできる限り英語を聞くことが肝心となります。しかし、ずっと英語を聞くということは、それだけ海外の文化に触れているということ。たまには日本が恋しくなります。しかし!そこでただ馴染みのある日本語環境に帰ってはいけません!そのまま英語学習をやめてしまうかもしれないからです。そこで、英語を聞き
7位 なむなむさん
  • 情報提供2017/05/24 ***の...日記なむなむさんのプロフィール
  • 流れに流されてさ嘘をついた空気人形みたいにふわふわ鏡の前に立つ私は気付けば黒く染まっているどこへ行く?どこに行きたい?行き場所なんてありはしない分裂 増加 叫ぶ 吐きそうだ視界はぐるぐるぐるどこも同じああごめんなさいすみません本当に悲しいことでして何も信じられません涙も川に流されて私はどこにいる?死んでもういやしない場所に問いただす死体になって枯れ果ててどこにもいやしない
8位 りーまさん
9位 MDさん
  • 情報提供元不登校ぼっち大学生・・・中学生時代③ 元不登校ぼっち大学生MDさんのプロフィール
  • オオカミ族の少年 (クロニクル 千古の闇 1) Amazon中2になったら新しい女性の先生が担任になった。 その先生は週に一度家に私の訪ねてきた。 特に合わない理由もないので私は会って話をしていた。 話しの内容は普段の日常のことだった。 ある日、私が本を読むのが好きということを言うと、 先生は私に図書館で本を借りてみないかと提案してきた。 私は一年ぶりに学校に行き緊張していた
更新時刻:17/05/30 21:30現在